一度は食べたい長崎伝統料理

長崎といえば本場の長崎ちゃんぽん

長崎の伝統料理といえば、本場の長崎ちゃんぽんがあります。長崎ちゃんぽんの由来は諸説ありますが、明治30年頃に安くて栄養のある麺料理を考案したのが始まりだとされています。長崎を訪れたら一度は食べておきたい長崎の伝統料理です。今でも長崎ちゃんぽんの人気は高く、全国的に展開しているお店もあるほどです。本場の長崎ちゃんぽんはどのような麺や具材を使っているのか、普段食べているちゃんぽんと比べながら食べてみるのもいいかもしれません。長崎皿うどんもありますが、まずは長崎ちゃんぽんから味わってみることで、きっと新しい発見があるはずです。長崎でいろいろなお店をはしごして食べるのもおすすめです。お店ごとに違ったちゃんぽんの味が楽しめます。

歴史を感じる長崎の卓袱料理(しっぽくりょうり)

長崎といえば歴史を感じる卓袱料理があります。西洋料理や中国料理が日本化した形式の、コース料理で提供されるのが卓袱料理です。和洋中が混ざり合ったメニューが並ぶのが特徴でもあります。現在ではお店ごとに形式やメニューも異なるので、お店ごとの卓袱料理を目で楽しみながら味わうのがおすすめです。和食で一人分づつ卓袱料理を提供しているお店や、円卓で大皿を囲んで味わうタイプのお店などいろいろあります。
長崎に行ったら、何軒かをまわって卓袱料理を食べ歩いてもいいかもしれません。長い伝統のある料理なので、訪れたお店ごとに卓袱料理について聞いてみるのも旅のいい思い出になります。お店ごとにこだわって作られた美味しい伝統料理を味わうのも、素敵な旅の一ページになります。