フォトジェニックな長崎スポット

夜行バスって?お得に旅したい

皆さんは夜行バスを利用したことはありますか?その、最大のメリットは、価格が安いことではないでしょうか。移動費の節約ができるので、その分を食事に回したり、有料の観光スポットにあてたりとお得に旅をすることができますね。また、出発が夜となるので、移動中を睡眠時間にあてられ、朝には目的地に到着となるので、時間に余裕をもって観光を楽しむことができます。今は座席を通常よりゆったりととったプレミアムシートやカーテンで仕切りをしてくれるサービスなどもあるので、それらを利用してみるのもいいかもしれません。
そんな夜行バスを使って遠出される方も多いのではないでしょうか。行ってみたい観光地としても有名な場所に’長崎’があります。長崎には異国情緒ただよう建造物や観光スポットが盛りだくさんです。夜行バスを使えばお得に、快適に長崎への旅を楽しむことができるのではないでしょうか。

絶景!長崎を楽しもう

今回は夜行バスで長崎へ行った際にお勧めの観光スポットをいくつか紹介したいと思います。
まず、1つ目は「ハウステンボス」です。佐世保市に位置し、ハウステンボスとはオランダ語で、「森の家」という意味で、訪れた際には、まるでオランダにいるかのような雰囲気を感じられるでしょう。場内には40万本もの樹木や四季折々の花々が見られ、夜にはイルミネーションなどを楽しむ事もできます。
2つ目は「七ツ釜鍾乳洞」です。約3500万年前にできた鍾乳洞として知られ、天然記念物にも指定されています。清水洞を巡る、約260mのコースが観光洞として公開され、洞窟の造形の美しさや珍しい化石などを堪能することができます。
最後は「稲佐山」の夜景です。1000万ドルの夜景ともいわれており、2012年には世界三大夜景の一つと認定された程の息をのむ美しさです。横いっぱいに広がる、まるで宝石箱のような夜景を一望してみてはいかがでしょうか。